world-travelers

世界一周バックパッカーの旅 - ワールドトラベラーズ | 世界一周旅行のバイブル

*


世界遺産のチチェン・イッツァとウシュマル遺跡

2014/11/13

昨夜は今日のために早めに寝たから寝起きもよかった。7時半に起きて顔を洗って歯を磨いて出る準備は万端。海外の人って時間にルーズなイメージがあるけど今日の観光を共にする2人は違って8時ピッタリに出発。

メンツは韓国人のジョーとアメリカ人のエリック、そしてワタクシ。レンタカーもガソリンも高速代も3人で割れば安く済む。何よりツアーは行動が制限されてしまうから自由に動けるのは嬉しい。スーパーで朝食を買って食べながらチチェン・イッツァへと向かう。

エリックが運転できないからジョーとワタクシで交互に運転をする。ジョーが運転してる間にワタクシが朝食を食べて、食べ終わったら交代。でもジョーの運転はお世辞にも上手いとは言えず食べるのが難しい。

ジョーがレンタルしてるのはこの緑のコンパクトカーで左ハンドルの MT 車。ギアを変え忘れるのはしょっちゅうだし、クラッチの繋ぎ方も雑。たまに信号も無視しちゃう、なかなかスリリングな運転。何とか朝食を食べ終わってワタクシとスイッチ。

まさかメキシコでも運転をするとは思わなかったけど、アメリカで左ハンドルに慣れてたから余裕。左ハンドルで初めての MT 車だったけど、車を所有してた頃は MT 車だったから問題ない。昔は 180sx 、s14 後期の sileighty に乗ってたし久々の MT 車で血が騒ぐw

運転を交代してからスムーズに運転してたら、運転上手いねって話になった。昔はスポーツカーに乗ってドリフトしてたんだよって英語で上手く伝えられず... ジョーとワタクシの会話はこんな感じ。

ワ「 Do you know "頭文字 D" ? 」
ジ「 Takumi Fujiwara. 」
ワ「 Oh, You know ? 」
ジ「 Yes, 86. 」
ワ「 I am "走り屋" 」
ジ「 Hashiriya ? What hashiriya ?」
ワ「 I don't know. 」
ジ「 ???????? 」

走り屋って英語で何て言っていいかわからなくて会話が成り立たない。最終的にジェスチャーで伝わったけど、恐らく彼はワタクシも溝落としが出来ると勘違いしている。こんな感じで盛り上がってる車内( 主にジョーとエリックが... )は EDM の BGM でも盛り上がる。音楽は国境を越えると知ってるワタクシはエリックも EDM 好きだと知って爆音で走ること2時間... カンクンに来た一番の目的である、世界遺産のチチェン・イッツァに到着。

入場料は188ペソ(1,430円)と強気の金額設定。入り口から続く一本道を抜けたらすぐにピラミッドが現れた。テオティワカンに続きメキシコに来たら絶対に見たかった遺跡のひとつだ。

ピラミッドには4面に91段の階段が配されていて合計すると364段になる。最上段の神殿の1段を足すとちょうど365段になり1年を表している。暦のピラミッドとも呼ばれるマヤ文明の遺跡だ。

それにしてもカッコ良すぎるシルエット。この中にさらにピラミッドがあるなんて信じられない。本当はククルカンの降臨現象エキノクシオが見たかったんだよな...

この蛇のような形をした彫刻が最高神のククルカン。春分の日と秋分の日に太陽が沈むとき、階段の西側にククルカンの胴体が現れる。タイミングが合わなくて諦めたんだけどこれを見れただけでも満足だ。

チチェン・イッツァの遺跡内は意外と広い。そしてイグアナなんかも生息してたりする。

それでも一通り見終わってもまだお昼過ぎ。3人でどうするか会議してウシュマル遺跡に行くことにした。チチェン・イッツァを見れただけでも十分なのに、さらに世界遺産を見れるなんて♪

正直チチェン・イッツァ以外はノーマークだった。だからウシュマル遺跡が世界遺産なのも現地に着いてから知った。チチェン・イッツァから車で約2時間のところなんだけど高速道路の途中では厳重な警備。

車を止められて車内をくまなく検査される。何をチェックしてるのか知らないけど車を下ろされる。別に怪しいものを持ってるわけでもないから何もなかったんだけど... たまに見かけるこういったところでメキシコの治安の悪さを感じることが出来る。

さて、ウシュマル遺跡。ここにもマヤ文明のピラミッドがある。メキシコに来て3つ目の世界遺産のピラミッドだ。

魔法使いのピラミッドと呼ばれ、マヤの伝説では魔法使いの老婆が暖めた卵から小人が生まれた。その小人が超自然的な力で一夜のうちに造ったという伝説から小人のピラミッドとも言われるみたい。天文学に長けていたマヤの人々なのに、こういった伝説を信じてるのって何だか面白いよね。

ここもチチェン・イッツァと同じく遺跡内は相当な広さ。ピラミッドには登れないんだけど見晴らしの良い場所から見ることが出来る。だだっ広いジャングルの中にポツンとピラミッドの頭が見えるウシュマル遺跡は期待以上だった。

そんで帰りに事件は起きた。

高速の途中で警備をしてる場所をまた通ったんだけど、ストップと書かれた小さな標識と発煙筒のようなものが2つ置いてあった。そこから1車線になるんだけど暗くて全く見えない。直前で気づいたジョーが急ブレーキを踏んでギリギリでぶつからなかった。でもその音を聞いた警察官がワラワラと集まり検問のところでは当然止められた。

警察「 お前らちょっと表出ろ 」
我々「 イエッサー 」
警察「 酒でも飲んでるのか? 」
我々「 ノーサー 」
警察「 よし、こっち来て話を聞こうか 」
我々「 イエッサー 」

こんな感じで尋問が始まり必死に説明する我々。っとは言ってもひたすら謝る24歳の韓国人、ジョー。スペイン語で通訳する22歳のアメリカ人、エリック。それをただ見守るだけの無力な34歳のオッサン、ワタクシ。罰金200ペソを払い事なきを得たんだけど30分くらい拘束された。

そこからのジョーの運転っぷりが可愛かった。スピードは出さないし、しょんぼりして一切しゃべらないしw かわいそうだから運転を交代してあげてメリダのレストランで夕食することに。

ご飯を食べた後は3時間のドライブでカンクンへ戻る。帰りも EDM 全開でなかなか楽しい1日になった。

今日行った場所

チチェン・イッツァ

Bienvenidos a la portada

www.chichenitza.inah.gob.mx

ウシュマル

世界一周ランキング  メキシコ 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

マヤ文明が残したアステカのカレンダーを有する国立人類学博物館

本日の天気は曇り。テオティワカンへ行く予定だったけど国立人類学博物館に変更。やっ ...

本日よりメキシコ編がスタート!初日から洗礼を受けたメキシコシティ

0時22分発の飛行機でロサンゼルスからメキシコへ。Volaris 航空の飛行機は ...

アステカ以来の伝統を色濃く残す街、ソチミルコをトラヒネラで遊覧

今の宿の居心地が良すぎて最初は2泊だったのが8泊することになった。3日まで滞在し ...

カンクンで浮かれ仕様に!...が、物価の安い国でまさかの高額請求?!

カンクンは年中夏なのに寒くて起きた。空港内の空調は必要以上に温度が低く設定されて ...

スペインの植民地時代が色濃く残るメキシコシティの歴史地区ソカロ

メキシコシティは本日で最後。ラストスパートということでソカロに行ってきた。ここも ...

番外編:メキシコ人たちと戯れるワタクシ

メキシコ人は良いやつばっかりだと感じたことを番外編として。日を追ってその日にあっ ...

メキシコのリゾート地、カンクンビーチを歩けるだけ歩いてみた

セントロからホテルゾーンまでは R-1 と書いてあるバスに乗って30分くらい。循 ...

メキシコの世界遺産である巨大な宗教都市遺跡、テオティワカンへ

目を覚ますと窓の外には青空が広がっていた。鳥がさえずり心地よい風が吹く爽やかな朝 ...