world-travelers

世界一周バックパッカーの旅 - ワールドトラベラーズ | 世界一周旅行のバイブル

*


バリ観光3日目

2014/11/15

この日 GEDE との約束は 8:00 にホテルのエントランス。その時間に合わせて 6:00 起床。昨日と同じくバルコニーで一服してからシャワーを浴びて朝食へ。朝食でこの日の作戦会議を終えて GEDE と合流した。

この日の最大の目的はゴアガジャ。それにウブド周辺の散策とガムランの演奏を聴くことである。ガムランはバロンダンスで聴くことが出来る。バロンダンスはバリの伝統芸能の一つ。聖獣「 バロン 」と魔女「 ランダ 」の戦いの舞踏劇らしい。

昨日ケチャダンスを見た後だから舞踏劇と聞いて嫌な予感がする。このバロンダンスはウブドでの公演が盛んでほとんど夜にしか行われない。それだと時間に間に合わないので午前中に行われるクシマン村で観ることにした。

会場は屋根つきで随所に扇風機が取り付けられている。ガムランの美しい音色が場内に響き渡り舞踏劇がスタート。何とも言えない幻想的な音楽に聴き入ってしまう。

伝統舞踊グループ、チャトール・エカ・ブディのバロンダンス。手や目線などの細かい動きには目を見張るものがある。

でも30分もすると…やはり飽きてしまう。前列ど真ん中の席だから立って帰るわけにもいかない。朝早かったせいもあって、ガムランの心地良い音色に身を任せ夢の中へ…。

気が付いた頃には舞踏劇も終盤を迎えてる様子。最終的には決着が不明のまま退場して終了。このバロンダンス、終わりなき戦いが続くんだって。その理由は、悪( ランダ )もまたこの世に必要なものだからということ。善と悪、相反するものがバランスを保ちながら存在してこそ、この世界があるというのがバリ人の考え方のようです。

バロンダンスを観た後はバトゥアン寺院へ。

サロンを巻かされたということはヒンドゥー寺院。石の彫刻や衝立のような壁の装飾が素晴らしい。これだけのものを一体どれだけの時間をかけて作ったのだろう… バリ人は忍耐強く手先が器用なんだろうか?このあとに寄った土産屋でも同じことを思う。

見事な彫刻。

聞くと全てが手作りだという。

なんとこれらは全て一本の木から出来ている。店内にはこういったものがずらりと並べられていた。その中に何か違和を覚える場所がある。そこに近づいてみるとバロンやランダなどのお面が飾られていた。一通り目を配ると違和感が何だったのかすぐにわかった。

ガネーシャのお面だ。

特に霊感があるわけでもないが妙に引き寄せられる。そのお面はコクタンという非常に固い木で作られている。乱伐が進んでいる上に生育が遅いため、現在ではかなり希少品らしい。こんな感覚は初めてのことだったし、結局このお面を買うことにした。

お店の言い値9,800,000ルピアを900,000ルピアにまで値下げ交渉。98,000円が9,000円になったけど本当はいくらくらいで買えるものなのだろうか。車に戻り GEDE にいくらで買えたか聞かれ、買値を伝えたら「 Good job 」と言われた。土産屋を後にすると本日のメインであるゴアガジャへと到着。

観光する順番は行きたいところだけ伝えて、あとは全て GEDE が組み立ててくれる。時間に余裕があればさっきのように土産屋に連れて行ってくれたりもする。バリを熟知してるから効率の良い回り方をしてくれるのだ。

ゴアガジャは駐車場から入り口までにたくさんのお店が連なっている。次から次へと出てくる客引きの全てを断り入り口に辿り着いた。6,000ルピアを払ってサロンを巻いてもらい、いよいよ足を踏み入れる。

ゴアガジャとはインドネシア語で象の洞窟という意味。11世紀頃に形成され1923年にほぼ完全な状態で発見された古代遺跡なんだって。手すりのない急勾配な階段を下りるとまずは沐浴場を見ることが出来る。

女神ウィジャダリの彫刻が施されている。遺跡が発見されてから30年近くも広場に埋もれていたらしい。

そして沐浴場の向こうに口を大きく開けた迫力のある彫刻がある。この巨大な彫刻は何をモチーフにしたものなのか今でも不明のようだ。

大自然に囲まれて沐浴の代わりに森林浴。遺跡は広大で歩いて回るのは意外と大変だ。

さらに進んで行くと探検してるような気分になる。

青い空に緑で生い茂った木々の中で咲く花はピンクが映える。

人の手によって造られた遺跡に、負けじと大地に根を生やす木。長い年月を経て張り巡らせた根っこは歴史を感じさせる。

ここにはどのくらい居ただろうか…。雰囲気が良すぎて炎天下の中を延々と歩いていた気がする。遺跡内を一周してしばらく休憩してからここを出た。次の行き先を GEDE に聞くと今度はモンキーフォレストだそうだ。

ここモンキーフォレストは名前の通り猿の森。自然保護区になっていて野生の猿がたくさん住みついている。ウルワトゥ寺院にいた猿よりも大人しい感じがした。

野生の猿が自由に動き回る森での散策。本当にゆったりとしたのどかな時間が流れていた。木陰が涼しくて気持ちが良い。

海沿いの観光エリアとはまた違った趣がある。道なりに進んで行くと何かの入り口を発見。更に進んで行くと建物らしきものが確認できる。

この場所が何だったのかはわからないけど居心地がとても良い。

見た感じ沐浴場じゃないかと思う。こんな所で沐浴なんかしたら相当気持ち良いはずだ。

見上げるとこんな景色が広がっている。周りもジャングルのようだ。

静寂に包まれた森の奥にある秘密の沐浴場。人の手で造られたとはいえ神秘的だ。この雰囲気が気に入ってしまい、しばらくここに居た。来た道を引き返すと寺院があることに気が付く。

ダルム・アグン・パダントゥガル寺院。旅行の目的が寺院巡りなだけに入ってみる。

ここは死者の寺というところで葬儀が行われるらしい。不気味な彫刻が多く重々しい空気を醸し出している。

そんな雰囲気を物ともせず生活する猿たち。むしろこの光景にはほのぼのしてしまう。

癒しの場所、モンキーフォレスト。

もう少し居たかったけどウブドからヌサドゥアまでは二時間くらいかかる。観光がメインならヌサドゥア滞在は失敗だったかもしれない。後ろ髪を引かれる思いでモンキーフォレストを出た。

ホテルまでは音楽を聴きながらのドライブ。セリーヌディオンやマドンナ、マライアキャリーなど有名な女性歌手がほとんど。久し振りに見たカセットテープから GEDE のお気に入りの曲が流れる。その中に何故か一曲だけ Trance が流れた。それは紛れもなく Psychedelic だった。

この曲をきっかけに Dj の話、クラブの話、音楽の話で盛り上がった。お陰でホテルまでの2時間はあっという間。次の日のチャーターもお願いして GEDE と別れた。

この日は朝が早かったから夜の時間に余裕がある。ホテルから歩いて行ける距離にあるバリコレクションに行くことにした。

ホテルもそうだけど厳重なセキュリティーチェックがある。そこをパスするとたくさんのお店が並ぶ広大な敷地内に入ることが出来る。

雰囲気的には日本のアウトレットに似た感じ。

街中で売っているものは大体このお店にも売ってることが発覚。値札がついているので値引き交渉の手間がかからない。フラフラ歩いてるとレストランの客引きにつかまる。

ここはバンドを見ながらバーベキューが食べられるお店。ステージから近い席に案内してもらって食事することにした。

バーベキューは食べ放題で色んな種類の肉やら野菜やらを持って来てくれる。テーブルに置いてあるカードは赤を表にすればお腹いっぱいの印。そのシステムがしばらくわからなくてどんどん持って来られた。全てを平らげた頃には閉店の時間。

最後は店員が仕事そっちのけで懐かしのマカレナ。これも仕事の一つなんだろうけど、みんな笑顔で楽しそうに踊っていた。ゆったりとした空気が流れるバリで好きなことをして生活するのも悪くないなと思った。そういう幸せもあるんだと…。そんなことを考えながらホテルへと戻った。

セキュリティーチェックを済ませ歩いてるとどこからか音楽が聞こえてきた。音のする方へと歩いて行くとラウンジを発見。

よく見るとギターを弾いて歌を歌ってる人がいた。

この人たちもそれが仕事だと思うけど… こんな素敵な場所で好きなことをして生活してるのが羨ましく思えた。ソファに寝そべり星を見つめながら感慨にひたった。ビールを何杯か飲んで妙な気持ちのまま部屋に戻りこの日は就寝。

関連リンク

世界一周ランキング  海外旅行 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

サイパン観光1日目

19:15 発が遅れ 19:45 発となってしまったサイパン行きの飛行機。急にサ ...

世界遺産の街、アユタヤへ

今日はアユタヤへと移動する日。MRT でシーロム駅からフアラムポーン駅へ。今度は ...

気になったら見てみよう!仏塔の内部、仏像の中身、そして裏

ビザの不安もなくなったし今日はのんびりしますかー!…っと思ったけどタイでの滞在も ...

サイパン観光2日目

マニャガハ島へのツアーが 9:00 からだと知ってたから 7:00 起床。カーテ ...

バリ観光1日目

海外旅行が初めてだから、もちろん成田空港に行くのも初めて。羽田空港とは違って外人 ...

これぞ一人旅の醍醐味、その日の予定はそんときの気分で決める

何も予定を決めずチェックアウトを迎えるのはタイに来て初めてのこと。ウドーンターニ ...

初めてのソンテウ乗車と、まだまだ旅慣れないホテル移動

10時に起きてチェックアウトの準備。パッキングも慣れたもので20分くらいで終了。 ...

おまわりさんこっちです!どん引き GoGo Boy とぼったくりバー

フルムーンパーティーからホテルに帰ってきたのが6時くらい。パッキングは昨日のうち ...

宿もスタッフもツアーも街も、何もかもがよかったアユタヤ

アユタヤが最終日っていうのが悲しい… もう少し時間を割いて滞在してもよかったかな ...

スコータイは美しい国ぞ、水に魚棲み、田に稲穂実る

幸福の夜明けを知らぬまま遺跡に向かったのはお昼前。この旅でアユタヤに続いて2発目 ...